(Foto: Hannu Hollström, IG: hhollstrom)

ハイキングでヴオカッティの自然を満喫しましょう

ヴオカッティでは忘れられないアウトドアアクティビティが体験できます。様々なトレッキングコースで、カイヌー(Kainuu)地域の自然を感じませんか?ヴオカッティ周辺は数件の国立公園を有し、皆さまが日帰りでその自然を楽しめる環境が整っています。

前長7kmに及ぶエイノ・レイノ(EinoLeino)と10kmに及ぶサッポロ(Sapporo)はヴオカッティで最も美しいトレッキングコースの1つと言えるでしょう。コースは丘の頂上で重なり合い、自分にあったレベルのコースを選ぶことができます。トレッキングを乗り越えた先にはヴオカティンヴァーラの丘(Vuokatinvaara fell)の息をのむような景色が待っています。コース上の看板を辿れば、冬でもスノーシューズでトレッキングすることができます。

森林地帯に広がるヒーデンポルッティ(Hiidenportti)国立公園の岩場とその景色は絶景です。山会いの岩は高さ20mに渡り、その岩棚には目を見張るでしょう。

ティーリッカヤルヴィ(Tiilikkajarvi)国立公園の砂浜ではエスカーの頂上、コットングラスの香り高い湿原、そして森のささやきなど、五感でその自然を感じることができます。ティーリカナウティオ・テナント農場(Tiilikanautio)の中に入ると、まるで1920年代のような雰囲気に包まれるでしょう。最も人気の砂浜、ヴェナヤンヒエッカ(Venajanhiekka)へはアクセスしやすく、その大きな湿地帯は木製の歩道があるので、歩きやすくなっています。

ホッサ(Hossa)国立公園では澄んだ池、細いridges、ゴツゴツとした岩壁、そして石器時代の岩窟壁画など、息をのむような景色が広がっています。ホッサは多様な舗装されたルートを有し、日帰りトレッキングにはおすすめの場所です。

(Foto: Marjaana Takala, Visit Finland / Shutterstock)